06
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5年ぶりのコルマールでした。

コルマールは、2007年にアルザスの別のカップルに案内してもらったことがあります。あの時はここで別れてSNCF(国鉄)に乗り、リヨンに向かったのでした。
この町は幸い戦災に会っていないそうで、ドイツ文化の影響が強い木組みの古い建物がきれいに残っており、いかにもアルザスの古い街という印象です。

ストラスブールから車で100キロくらい南に走ってきたので、まずカフェで休憩しました。すると向こうから白い馬の二頭立ての馬車が、観光客を乗せてやってきました。心が和らぐ光景です。

白馬の馬車

カフェの中の壁にはアルザス地方の人形が、レリーフのようについていました。またテーブルの上の紙のランチョンンマットには、中世の町の人達がダンスを踊っているのが印刷してありました。楽しい気分になる街です。

カフェの壁の人形 ②

カフェの壁の人形 1

紙のランチョンマットの絵

町の中心部へ歩いて行くと、ガイドブックにあるとおり、サン・マルタン教会の屋根の上には、ちゃんとコウノトリの巣がありました。

左上の屋根の出張って見えるところが、コウノトリの巣

サン・マルタン教会

上の写真の巣を拡大するとこれ

コウノ鳥の巣

町には面白い看板があり、これを見つけるだけでも面白かったです。

面白い看板 ①

お土産屋さんの二階の看板?

元魚屋さん?の看板

やがて印象に残っている旧税関の建物がありました。そこを少し行くと5年前に食事したレストラン「Le Petit Gourmand」を見つけましたが、その日は休みらしく、私達が食べた屋外のいすやテーブルやパラソルは置いてありませんでした。
あの時シュークルートを食べたのを思い出して、懐かしかったです。


以前食べたレストラン

すぐそばの小さな運河を、小さな観光船が運航していました。このあたりが「小ベニス」と言われるところです。

小さな観光船

プチ・トランも走っていました。すっかり観光地です。
プチ・トラン

こうしてコルマールの観光を終えて、これから夫妻の家に向かうのかと思ったら、近くにエギスハイムと言う古い町があるが行ってみないかと言う話でした。ガイドブックに載っていない穴場のようです。それほど疲れていないし、またとない機会に違いないから勿論「ウイ!」でした。

ストラスブールやコルマールは有名だし、大きな町で足の便がいいから観光客で一杯ですが、このエギスハイム(この名前もドイツ的ですが)はそうではないらしいです。
実際エギスハイムはこの期待を裏切りませんでしたが、次回はこの話にします。
スポンサーサイト

プロフィール

メルシー ボクゥー

Author:メルシー ボクゥー
美しい景色やおいしい料理もいいけれど、旅の回数を重ねるにつれ、感じるのはフランス人の魅力です。

フリーエリア

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
6060位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
1744位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

フリーエリア

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。