03
1
2
3
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリ郊外の銀行員夫妻の別荘へ行く

さてミッシェルさんの家に帰ると、夫妻の友人であるマルチーヌも待っていてくれました。

彼らとミッシェルさんの奥さんの手作りの夕食をして、楽しく過ごしました。
スープ
スープ
私の胃袋に配慮していただいたと思われる豚まん
豚まん
ケーキ
パン
ミッシェルさん夫妻
ミッシェルさん夫妻
ミッシェルさんとマルチーヌ
ミッシェルさんとその友人マルチーヌ

マルチーヌはメトロでパリ中心部のパリ市役所近くにある家へ帰るのですが、夜遅いことですので、ミッシェルさんがメトロの駅まで送って行きました。

ミッシェルさんは背が高い上に、若い頃柔道をやったことのある人ですから、こういうときは安心です。

翌日はこの3人と、マルチーヌの友人でご主人が銀行家の夫妻の別荘へ行くことになっていました。

翌朝ミッシェルさんの家を車で出て、マルチーヌの家に寄り、彼女も乗せて、銀行員夫妻の別荘に行きました。

2時間は十分走ったと思いますが、田舎の別荘につきました。
その家は庭が広く、隣はもう農場で小麦畑がずっと続いていました。
別荘の建物
別荘の建物
別荘の広い庭
別荘の広い庭
隣は小麦畑
隣は小麦畑

この銀行員夫妻とは以前マルチーヌの家で会ったことがあります。その時から彼等は私を気に入ってくれていたようで、今回の招待になったようです。

そこで、銀行員のご主人が腕をふるったランチを頂きました。このご主人は実に人柄が良く、素晴らしい人です。しかし何でも最近車を盗まれたとかで、大変な目にあったそうでした。
スープ
スープ
フォアグラ
フォアグラ
タイのような大きな魚
タイのように大きい魚
サラダと魚
サラダと魚
シャトーワイン
シャトー ワイン
パン
パン
デザート
デザート
チーズ
チーズ
コーヒー
コーヒー
銀行員のご主人と奥さん
銀行家夫妻 
左が銀行員夫妻、右がミッシェルさん夫妻
左が銀行家夫妻 右が
ミッシェルさん夫妻
ミッシェルさん夫妻

猫が好きなようで、猫が飼われていました。勿論パリからこの猫も休日にここへやってくるのです。のびのびするに違いありません。

ネコ

食後、この村を散歩しました。その散歩の終わりに近くの彼等の友人の家にお邪魔しました。この家の人は仕事生活をリタイヤされここに移り住まれたようです。元々おられた地主さんから土地を半分分けてもらったそうですが、それでもとても広いところでした。
近くの知人宅
近くの知人宅
正面がリタイヤされた夫妻
正面がリタイヤされた夫妻
いただいたハーブティ
ハーブティ
そうしてこの別荘に別れて、またパリへ帰ることになりました。
スポンサーサイト

「ル・トラン・ブルー」でアンリモルガン さんと会う。

一期一会のセルジュのお母さんに会って、午後にはセルジュの娘さん夫婦や、孫娘と彼のカップルが来て、楽しい午後を過ごしたその翌日、この日はパリに帰ることになります。

でも朝から近くのお茶屋さんにセルジュと散歩に行きました。このお茶屋さんは世界中のお茶を扱っていて、ちゃんと日本の茶もありました。大きな製茶の機械もあり、奥は工場のように広かったです。

製茶機械
製茶機械

製茶機械
製茶機械 2

店の表のショーウインドウには日本の抹茶用の茶筅も飾ってありました。

家に帰り、ランチを頂き、いよいよディジョン駅まで送ってくれました。

セルジュ宅での最後のランチ
ランチ  

チーズ
チーズ

列車の出るまで、セルジュ夫妻は別れを惜しんでくれました。
見送りに来たセルジュ夫妻

2時間ほどで、列車はリヨン駅につきました。

リヨン駅に着いたSNCF
リヨン駅に着いたSNCF

実はそこで待ってくれている人がいたのです。彼はモンマルトルの丘にある、シャンソニエの「ラバン・アジール」のピアニスト、アンリ・モルガンさんです。
彼は日本に来た時、このリヨン駅にある「ル・トラン・ブルー」に招待すると約束してくれていたのです。

レストラン「ル・トラン・ブルー」から見たリヨン駅
レストラン「ル・トラン・ブルー」から見た駅

約束通り彼は駅で待っていてくれて早速、その「ル・トラン・ブルー」でお茶をすることになりました。
この時彼は後で判るのですが、以前に一旦治っていた胃ガンが再発していたようです。その時彼の顔色は悪くはなかったのですが、ほんの少しだけ食べただけでした。それでも彼は約束通りここで待っていてくれ、私に会ったことを大変喜んでくれました。

「ル・トラン・ブルー」でのアンリモルガン
アンリモルガン

この「ル・トラン・ブルー」は1900年のパリ万博の時に造られたそうですが、宮殿のように豪華な装飾が施されていました。

「ル・トラン・ブルー」内部
レストラン内部

パンナコッタ
パンナコッタ

スープとサラダ
スープとサラダ

パン
パン

デザート
デザート

店内にあったマカロンなどの菓子類
マカロンなどの菓子類

彼は今回、私達を彼の姪の住むボルドーへ連れて行ってくれることになっていましたので、この駅でその切符を買いました。切符を買うのに大変時間がかかりアンリ・モルガンも待つのが大変つらかったと思います。

帰りにはタクシーで彼の住むモンマルトル近くへ行き、彼を下してビュット・ショーモン公園近くのミッシェルさんの家に帰りました。

プロフィール

メルシー ボクゥー

Author:メルシー ボクゥー
美しい景色やおいしい料理もいいけれど、旅の回数を重ねるにつれ、感じるのはフランス人の魅力です。

フリーエリア

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
5170位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
1494位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

フリーエリア

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。