01
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンテミリオンの町

1年ぶりのブログ再開です。
1年間怠けているおかげで、旅行記もかなり溜まりました。
そこで追いつくためにでこれからは写真中心で行こうと思います。

さてボルドーの最後の日の午前中、アンリモルガンさんの姪夫妻にさんに、ボルドーワインの産地として有名なサンテミリオンへ
つれて行ってもらいました。
サンテミリオンの古い街並みです。
サンテミリオンのまちなみ
サンテミリオンの教会内部
教会内部
教会上部の回廊
教会上部の回廊
回廊から鐘楼を見る。
回廊から鐘楼を見る
ステンドグラスの色が壁に映る。
ステンドグラスの色が壁に写る
上から見た古い街並み
古い街のまちなみ

見学したワインカーブの葡萄畑
見学したワインカーブの葡萄畑 
見渡す限りの葡萄畑
見渡す限りの葡萄畑
葡萄畑での説明
葡萄畑での説明
地下で映像による説明
地下で映像による説明
ワインカーブ
ワインカーブ 3
ワインカーブ
ワインカーブ
古いワインの価格表
古いワインの価格
買ってきたワイン
買ってきたワイン
息子のマルタンからの気持ちのこもったお別れの伝言
マラルタンの伝言_convert_20160821131049

ボルドー駅
ボルドー駅
プラットホームまで見送ってくれた夫妻
プラットホームまで見送ってくれた夫妻
TGV一等車内
TJV一等車内
ここでは写真がないので、出ていませんがアンリモルガンさんはパリに帰るため、同じボルドー駅まで一緒に来ていました。彼はもうあまり歩けないので駅の待合所で別れましたが、それが最後の別れとなりました。それから彼は1か月もない期間、モンマルトルのラバンアジールというシャンソニエでピアノを弾いていましたが、やがて力尽き、彼のアパルトマンで一人ひっそり亡くなりました。
その間彼がピアノを弾いているところを写真に撮った日本人がいて、その人がブログに乗せてくれましたので、連絡し、今お友達になっています。
日本が大好きだった彼のことは忘れることはありません。姪ごさんの家族ともその後も付き合いは続いています。
死の直前までピアノを弾き働いていました。本当にいい人でした。
彼は人を喜ばせ、自分も楽しみ、働き、私達の心に生きたまま天国へ行きました。
スポンサーサイト

プロフィール

メルシー ボクゥー

Author:メルシー ボクゥー
美しい景色やおいしい料理もいいけれど、旅の回数を重ねるにつれ、感じるのはフランス人の魅力です。

フリーエリア

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
6751位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
1887位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

フリーエリア

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。