11
1
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロートレックの生まれたアルビ

とてもよく私たちの面倒を見てくれたセブリ―ヌ夫妻と別れを惜しみ、残りの5人で、ファニーの住んでいるアルビの町へ向かいました。

最初に行ったのは、トゥールーズ・ロートレック美術館です。行ってみると特別展として日本の浮世絵展が開かれており、フランス人の3人はそちらの方へ見に入り、私たちは浮世絵を見るのはやめて、ロートレックの絵画展の方へ行きました。

外に出てから、評判の美術館の庭園を見に行きました。素晴らしい幾何学模様で、よく手入れされており、上から見下ろすことが出来見事なものでした。

そこを出てからサント・セシル大聖堂へ行きました。非常に高い建物で、内部も大変荘重な感じでした。
大聖堂を出てから少し歩き、カフェで休憩しました。屋外の丸いテーブルには全てロートレックの絵がはめ込まれていました。

それから町を歩きロートレックの生家の前を通りました。家の中は見れませんが今もちゃんと残っています。
この町は、赤いレンガ造りの建物や塀が非常に目につく特徴があります。
そして石畳の道です。

街歩きの最中、雨が降ったりやんだりで戸惑いましたが、とくにずぶ濡れにはならずこの町の見学を終わりました。
その後、ファニーの家に行きました。
2階建の戸建住宅で裏庭には木が生えていたりして緑いっぱいでした。

今夜はここで1泊させてもらいます。私達だけでなくクリスチーヌ夫妻も一緒ですから、この家は相当部屋数に余裕があるようです。
私達には2階の広い部屋をあてがってくれました。

ファニーのお母さんはエステシャンだそうで、そのお母さんの彼氏もやってきましたが公認会計士だと言うことでした。

クリスチーヌ(料理上手)も手伝って、夕食を作ってくれましたが、この地方の料理である鴨料理を中心としたボリュームいっぱいのディナーです。
もちろんアペリティフでシャンパンを開け、本番では赤ワインを開けてくれました。
特に日本のお米を買ってきて、炊いてくれたのは感激しました。
お米の袋には侍の絵が画いてあり「日の出」という名前がついていました。しかし他の言葉は中国的なものもあり、日本から来たものではないようでした。
タイ米のような長いものでなく、日本米のように短い粒でした。
少し柔らかでしたが、歓待の心がこもったご飯なのでおいしく頂きました。



若干のプレゼントと日本文化の紹介として、折り紙教室、着物、チョコっと謡曲などで、私達の交流は楽しいものになりました。
食後のお茶の入れ物は日本で買ってきたらしい湯呑みで、花魁か芸者のような浮世絵が画いてありました。
この絵はちょっと怪しい部類に属するかもしれません。








スポンサーサイト

コルド・シュル・シェル出の再会とお別れ

CAP DE NACの街の達夫妻の家に2泊した翌日、彼らとともにコルド・シュル・シェルへ向かいました。
「空の上のコルド」と言う意味のこの地は、まさに素晴らしい古い村でした。川のそばに車を止め、石畳の道を上へ上へと昇りました。中世の建物がそのまま残っているようです。あいにくの雨でしたが、登る途中には観光客も住民の人影も少なく落ち着いた村です。
さすがに頂上付近になると観光客がいて、いろいろな職人の店もあり、賑わっていました。実はこの村でセブリ―ヌの友達のファニーに会ってから、セブリ―ヌたちと別れる計画だったのです。

セブリ―ヌとファニーは二人で日本に来て、私達の家に泊まってくれたことがあります。その時セブリ―ヌはまだ娘さんだったのですが、今回再会するとお腹に赤ちゃんがいるとのことでした。
帰国後しばらくして男の子が生まれたと言ってきました。その子の名前は「yoji (ヨージ)」 にしたそうで、なんだか日本語の「洋二?」の語感に近い名前です。どうやらそれを意識したようでした。その後ももう一人女の子(名前はmaya)を生んだとかで、あの子があっという間に二児のお母さんになったという感じで、不思議な気さえします。

さてファニーは、私達の友達のクリスチーヌ夫妻の息子とつき合っているという関係で、クリスチーヌから紹介がありファニーとセブリ―ヌが日本へやってきて、私達の家に泊まったのでした。
セブリ―ヌは学校で縄跳びのチャンピオンになったとか、今でも太極拳をしているとか、体を動かすのが好きな言わば気の良いおてんばさんですが、ファニーの方はこれと対照的に理知的な感じで、容貌もいかにも賢そうな落ち着いた子です。
二人に再会したわけですが、当の紹介したクリスチ―ヌ夫妻もこのときコルド・シュル・シェル迄やってきました。クリスチーヌ夫妻はアビニョンに住んでいるのですが、私達に会うために車でやってきたのです。

コルド・シュル・シェルで私達をふくめて7人がランチを食べました。ようやく雨も上がり、見晴らしの良いレストランで、この地の「アリゴ」と言う郷土料理を食べました。チーズとジャガイモを使ったまっ白い練り状のもので、ソーセージがついているシンプルなものですがおいしかったです。ところが元気なセブリ―ヌは解りますが、ほっそりとしたファニーが、大きなステーキをペロリと平らげたのには少し驚きました。


プロフィール

メルシー ボクゥー

Author:メルシー ボクゥー
美しい景色やおいしい料理もいいけれど、旅の回数を重ねるにつれ、感じるのはフランス人の魅力です。

フリーエリア

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
6060位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
1744位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

フリーエリア

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。