12
1
2
3
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翌日には昼夜別々のお呼ばれ

オペラ観賞の翌日、朝から「サマリーテ―ヌ」というデパートを創設した、コニャックと妻のジェが収集したコレクションが展示してある「コニャック・ジェ」美術館へミッシェルさん夫妻と一緒に出かけた。
マレ地区にある18世紀の貴族の生活を思わせる落ち着いた建物の中に、インテリアや絵画が展示してあった、

館内は撮影禁止だったので、今はどのようなものが展示してあったかは忘れてしまった。ただこの美術館は入館無料で、パリには時々こういう入館無料の美術館がある事にいつも感心させられる。

見終わってからミッシェルさん夫妻と別れ、お昼の食事の約束のある16区へ向かった。途中シテ島などを歩いたが、やがて地下鉄に乗って行った。
約束の「LA LOTONDE」というレストランに入っていくと、友人のジョルジュが待っていた。
彼は私達がフランスで知り合った、最初の頃の人で、最初はフランス人と思っていたが、やがて彼はレバノン人だと言うことが分かってきた。
フランスで外交官をしていたとかで、日本が大好きで26回くらい日本に来たと言っていたことは前に触れたと思う。
日本に来た時は私達は京都や奈良で会った。

彼はお金持ちのたくさん住む16区のマンションに住んでいる。独身だがもう70歳後半の人で、体力的にもう日本へは来ないと決めているようだった。
このレストランの常連で、ギャルソンとは顔なじみだし、このレストランのほかいくつかのレストランを経営している女性のオーナーとも知り合いらしい。

「私はこのレストランで人気があるのだよ」と言う。見ていると私達の写真をギャルソンが撮ってくれたが、その時もそのギャルソンにチップを渡していた。どうやらチップをどんどん弾むらしい。だから人気があるのは当たり前だと思った。

ここではエスカルゴや白身魚の料理をいただき、デザートもアイスクリーム、紅茶も美味しかった。
それにしても独身なので、毎日こう外食で美食ばかりしていては、体に良くないのではと心配になる。

彼はいつもきちんとスーツを着て、ネクタイをしている。目に見えない階級社会の中で、生粋のフランス人でない彼は、決して見下されないように心がけているのではないかと考えてしまう。

美味しい食事をいただき、彼の好きな折り紙も少ししてから、お別れした。
地下鉄に乗ってミッシェルさんの家に一旦帰りました。

それから今度はサンジェルマンアレーに住んでいるパトリックの家に行くのですが、
ここで今日は中断し、続きはまた書くことにします。



スポンサーサイト

パリへ帰る。そしてバスチーユのオペラ座へ

いよいよツールーズを最後にフランス南部への旅は終わり、パリへ帰る日が来ました。
朝、ジャンルネさんの奥さんのダニエールさんは近くの男の子を預かることになっていて、駅までは送れないとのことでした。

やがてそのかわいい男の子がやってきましたが、恥ずかしいのか持ってきたゲーム機に没頭しています。
そこで、新聞紙で兜を折り、プレゼントしました。
たちまち効果が表れて、こちらを向いてくれました。
彼は十字軍のTシャツを着ていましたし、おもちゃのサーベルも持っていて、兜をかぶって騎士になったつもりで、ポーズをとってくれたりました。
会って間もない男の子ともたちまちお別れの時刻が来て、奥さんのダニエールともお別れし、ご主人の車でツールーズの駅まで送ってもらいました。

ここからSNCFに約5時間半乗って、パリのモンパルナス駅まで帰りました。
途中ボルドー駅の手前の駅で、約1時間ほど停車したのには驚きました。
TGVとはこういうところが違うのでしょう。日本の特急でも、このような長時間停車はあり得ないでしょう。

モンパルナス駅へは、ミッシェルさんが車で迎えに来てくれました。
ミッシェルさん夫妻の家は、ビュットショーモン公園に面したアパルトマン(マンション)で、私達の定宿みたいになっています。

この日の夜、私達は初めてバスチーユのオペラ座にオペラ(セビリアの理髪師)を見に行くことになっていました。
ミッシェルさん夫妻に予約券を買っておいてもらったのです。
私達もそれなりの正装し、出かけました。
入口の入場もそれなりに厳しそうでしたが、入場券を見せると問題なく入れました。

こういうところに来るには服装が大切で、変な恰好では、入り口で追い返されるかもしれません。
ロビーにいる人達も、皆綺麗に着飾って、とてもよい雰囲気でした。
オペラガルニエにも行ったことがありましたが、あちらもムッシュウとマダムばかりという感じでした。
ミッシェルさん夫妻は上品なカップルなので、一緒にいると私達の株も引っ張りあげられて得をします。

しかし料金はそれなりのものでしたが、席は1階席だったものの、かなり後ろの方でした。
私達がミッシェルさんに予約を頼むのが遅かったせいらしいです。

イタリア人による「セビリアの理髪師」のオペラが始まると、イタリア語で歌うわけですが、舞台の上の方に横にフランス語の字幕が出てきました。
しかし、粗筋は解るものの細かい会話や筋運びは解りませんでした。
まあ、バスチーユのオペラ座でのオペラ鑑賞の初体験ということで、それなりに良しとしたところです。

外国人が日本へ来て能を勧奨しているのと同じ状況かも知れません。


プロフィール

メルシー ボクゥー

Author:メルシー ボクゥー
美しい景色やおいしい料理もいいけれど、旅の回数を重ねるにつれ、感じるのはフランス人の魅力です。

フリーエリア

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
6356位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
1793位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フリーエリア

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。