04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリアは泣いていました。

お城のホテルの一泊が終わり、朝食なりました。
昨夜のディナーと同じレストランの同じテーブルです。
私達の朝食のテーブル

美味しいハムと更に美味しいパンの朝食でした。
朝食のハム

朝食のパンとジュース

このときシリアは私の横に座っていたのですが、横を向いたままで「朝食が終わったら、またプールで泳いだらいい。」と言いました。
これが昨日会ってから初めて私に話した言葉です。驚きました。

昨日初めて会った時には恥ずかしがっていたし、その後も私と距離を置いていたのですが、ついに友達に入れてくれたようでした。

その言葉通り、私は食後プールへ行き泳ぎましたが、私以外誰もいないのですぐに飽きてしまい、短時間で切り上げましたが、とてもいい気持ちでした。

いよいよ精算しようとフロントに行くと、クロチルドたちはもう私の分まで全部払ってしまっていました。大きなプレゼントです。
彼等が生活に相当ゆとりを持っていることを、改めて痛感しました。

ホテルの前の植え込みに犬の立ち入りの標識がありました。ユニークで言葉の表示は不要でした。
犬の立ち入り禁止の植え込み

それから近くの街へ連れて行ってくれました。
その町はコウノトリがあちこちの屋根の天辺に巣を作っていました。
コウノ鳥の巣

コウノトリを入れた大きな金網の保護区のようなところもありました。
コウノ鳥の飼育公園

市役所はこじんまりとした、綺麗な建物でした。
市役所

魔法使いのお婆さんの看板のあるレストランや、
魔法使いのレストラン

ユニークな絵のタイルの路面もありました。
ユニークなタイル

道路の植え込みに自動車に積んだタンクから、水をやる役所の清掃員の人も、なんだか絵になる風景でした。
花壇に水をやる市の職員

中央が教会、美しい街でした。
きれいな街 中央は教会

そしてついに次の所に行くためにコルマールの駅まで送ってくれました。

コルマールの駅のカフェで列車待ちをしていると、シリアがお別れの時が近づいたことを感じたようでした。
なんだか元気がありません。
コルマール駅での休憩

私が「シリア」と呼ぶと、とうとう泣きだしました。

しばらくして泣きやんでくれましたが、いよいよ列車に乗り込んでプラットホームを見ると、シリアはお母さんの手を持って、横を向いてしゃくりあげて泣いていました。
コルマールの駅 プラットホームで泣いたシリア

考えればやっと心を許す友達になった途端別れになるなんて、かわいそうでした。
泣いてくれたシリア

この時のことは、今も忘れられません。
スポンサーサイト

Secret

プロフィール

メルシー ボクゥー

Author:メルシー ボクゥー
美しい景色やおいしい料理もいいけれど、旅の回数を重ねるにつれ、感じるのはフランス人の魅力です。

フリーエリア

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
5170位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
1494位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

フリーエリア

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。