10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり貴族の家系だった「ドゥ」さん。

クロチルド夫妻の笑顔と、シリアの泣き顔に見送られて列車は出発し、やがて次の目的地のブザンソンに着きました。
駅には「ドゥ」さんが迎えに来てくれていました。

ブザンソン駅
ブザンソン駅

さてこの「ドゥ」さんなのですが、本名は「ベルトラン何とか・ドゥ・ボルド」なのです。この名前の中の「ドゥ」は、「シャルル・ドゥ・ゴール」と同じように「ボルドのベルトラン何とか」だと言う意味で、つまりは貴族の家系の名前なのだそうです。

「ドゥ」さんの家に着いて、ランチの後イチゴアイスを頂き、その家系を示す本を見せてもらい、家の紋章も見せてもらいました。

イチゴアイスクリーム

家系の本
家系の本
家系の歴史
家系の歴史
紋章
紋章

ボルド家は昔二つの城を持っていたそうで、現在一つは「ドゥ」さんのいとこが住んでおり、もう一つはアメリカ人が買って住んでいるそうです。

彼等とは京都の駅のオープンカフェで、たまたま席が隣になり、どうやらフランス人らしいので声をかけたのがきっかけで、その後メールのやり取りをして、仲良くなり、この日になったわけです。

その時は「ドゥ」が付くのであるいはと思っていたのですが、ここに来て聞いてみて予想とおりだったわけです。

彼は早めに勤めを終り年金生活に入っているのですが、奥さんは薬剤師で近くの街で薬局を経営されているのでした。その他貸家もあるようで、結構豊かな生活ぶりで、ご主人はゴルフ三昧の毎日のようです。料理も含めた家事は彼の担当です。

休憩後「ドゥ」さんは、ドライブに連れて行ってくれました。
スイスに近いフランシュ・コンテ地方の山々を走り、山、草原、川、滝、ダム、城等を見ました。

フランシュ・コンテ地方の山
フランシュコンテ地方の山
フランシュ・コンテ地方の山の道路地図
フランシュコンテ地方の山の道路地図
草原
草原
ダム
ダム

滝
川沿いの城
川沿いの城

橋

途中山道で、放牧牛の隊列とスレ違いました。車を止めて、ガラン、ガランと首につけたスズを鳴らしながら通り過ぎる彼等を見届けました。フランシュ・コンテと言えば、酪農です。

山道ですれ違った牛
山道ですれ違った牛
過ぎていった牛
過ぎて行った牛たち

それからオルナンと言う街へ行きました。何でも画家のギュスターヴ・クールベの生まれたところだそうです。
街の真ん中を小さい川が流れていました。そこの橋を渡りましたが、クールベもこの橋を何度も渡ったに違いないなと想像しました。

オルナンの街の川の橋
オルナンの街の川の橋
橋の上から川を見る
橋の上から川を見る

スポンサーサイト

Secret

プロフィール

メルシー ボクゥー

Author:メルシー ボクゥー
美しい景色やおいしい料理もいいけれど、旅の回数を重ねるにつれ、感じるのはフランス人の魅力です。

フリーエリア

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
6060位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
1744位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。