05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストラスブール観光、名ガイド

パリからストラスブールまでの途中は、やはり農業国フランスの広大な草原や、ブドウ畑ばかりだった。

やがてストラスブールの駅に着いた。ストラスブールの駅に迎えに来てくれたクリスチャンヌとアルベール夫妻にすぐには出会えず、ちょっと駅をうろうろした。

この夫妻とは奈良の興福寺の前で出会った。彼等は団体旅行をしていたのだが、この時もう一人の若いマダムと一緒だった。最初このカップルの娘さんかと思っていたが、メールをやり取りするうちに、そうではなく同じアルザス地方の別の家庭の人だと判った。

クリスチャンとアルベール

クリスチャンヌとアルベール夫妻

今回この夫婦の家に1泊させてもらい、翌日その若い方のマダムの家に1泊させていただく予定なのだ。

さて早速ストラスブールの街を見物した。ドイツに近いこの町の旧市街はイル川に囲まれたそれほど大きな町ではなかった。建物はやはりドイツ風の木組みの家が目につく。

街を囲むイル川

水上レストラン 

水上レストラン

木組みの家 その1

木組みの家 1

木組みの家 その2

木組みの家 2

木組みの家 その3

木組みの家 3

最初はヴォーバン・ダムという昔牢屋に使っていたと言う二つの塔があるところを通った。牢屋と聞くと中世の匂いがする。

ヴォーバン・ダム

かつて牢獄として使われていたヴォーバン・ダム

少し行くとクレベール広場に出た。ジャン=バチスト・クレベールとはフランス革命期の共和派の将軍で、ナポレオン時代まで活躍したストラスブール出身の将軍とのことであった。その銅像もあった。地元の英雄と言うわけだ。

クレベール広場

クレベール広場

クレベール像

クレベール像

 ご主人のアルベールさんは、なかなか街に詳しく、素晴らしい案内をしてくれた。とある古い建物のカフェの前に通りかかった時だった。その建物は文化財的な価値があるらしい。
彼はこう言った。「中を見よう。トイレを探すふりをして中に入ろう。私に着いてきなさい。」

そこで彼の後ろに付いてトイレを探すふりをしたつもりで、きょろきょろしながら、古い店内を見て回った。流石に写真を撮るわけにもいかず、実はもう店内の記憶は消えてしまったが、古いカフェのうまい見学をさせてもらったことだけは、覚えている。

この1階のカフェを見学?した。

この1階のカフェに行っ入った。

スポンサーサイト

Secret

プロフィール

メルシー ボクゥー

Author:メルシー ボクゥー
美しい景色やおいしい料理もいいけれど、旅の回数を重ねるにつれ、感じるのはフランス人の魅力です。

フリーエリア

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
6534位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
1838位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

フリーエリア

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。