10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストラスブールの旧市街

ちょっと脱線しましたが、ストラスブールの旧市街見学の続きです。

ノートルダム大聖堂を見てから、遊覧船乗り場の方へ歩いて行きました。そうすると何やら旗を沢山なびかせた一群が対岸を歩いているのに出くわしました。あれは何かと聞いてみると、どうやらイラン支持の政治的デモでした。

デモ隊

こちら側の人はこれを眺めているのですが、そのデモに反対の意見の人が大声で対岸に向かって何か叫んでいます。フランス人は政治に熱いと言う印象を以前から持っていましたが、実際ここでも肌で感じました。

デモ隊 2

見たところデモはすこぶる平和的で、旗がやたら多くてにぎやかだけれど、警官が規制したり交通整理をするでもありません。何やら主張をして叫んではいますが、私には内容が判らないだけにその叫びに刺激されることもなく、あとはぞろぞろ歩いているだけと言った感じでした。

デモを見た後、ルーブル・ノートルダム美術館と、ロマン宮の前を通りました。ロマン宮は18世紀の司教の宮殿だそうで、日本のお寺の塔中などとは比べ物にならない豪華な宮殿で、その当時の権勢が偲ばれました。

ルーブル・ノートルダム美術館

ルーブル・ノートルダム博物館

ロアン宮

ロアン宮

橋を渡って対岸から遊覧船の乗船場を見たところ、大勢の人が乗船待ちで並んでいるのにびっくりしました。遊覧船自体は平たくかつ大きいので乗船人員容量は相当あるようでしたが、乗船まで待つのは大変だろうと思いました。でも相当人気はあるようです。

遊覧船

遊覧船乗り場

遊覧船

遊覧船

ここで旧市街と別れ、アルベールの車のある駐車場の方へ歩いて戻りました。途中トラムに出会ったり、アルザス博物館の面白い看板などを見ました。

トラム

トラム

アルザス博物館の看板

アルザス博物館の看板

さて駐車場で思い出しましたが、ここに停める時、有る少年がここに泊めたらいいと空いているところまで誘導してくれました。当然彼にアルベールはチップを挙げたのです。少年はこれでお小遣い稼ぎをしているわけです。日曜だったので、本来の駐車場を管理する人がいないこともあったようです。

車に乗って少し郊外へ走ったかと思うと、超近代的な建物が見えてきました。EUの建物と言うことでした。旧市街は保存され、新しい近代的建物は郊外に建てられていました。パリでも旧市街は高さ制限があり、近代的な高層建築は新凱旋門があるデファンスに建てられている考えと同じです。

近代的なEUの建物

近代的なEUの建物

私の住む奈良市も高さ制限が厳しく守られており、平城宮跡から東を眺めた時の景観や、薬師寺の西の方から薬師寺を含む東北方面を眺めた時の景観が守られています。

我々はそこから、コルマールへ向かいました。
スポンサーサイト

Secret

プロフィール

メルシー ボクゥー

Author:メルシー ボクゥー
美しい景色やおいしい料理もいいけれど、旅の回数を重ねるにつれ、感じるのはフランス人の魅力です。

フリーエリア

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
6060位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
1744位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。